イオンモバイル

イオンモバイルをMNPで法人契約してみた

大手携帯電話会社を利用しなくなって、もう何年にもなる。
今年、法人を設立したけど、携帯電話は契約していなかった。
そこで、個人事業主のころから使っていた個人名義の携帯電話番号をMNP転入でイオンモバイルで法人名義契約することにした。

事前に、イオンモバイルの法人契約サイトに問い合わせをし、あれこれとメールのやり取りをさせて頂いていたおかげで、イオンの窓口ではスムーズに契約をすすめることができた。

https://business.aeonmobile.jp/

とりあえず、事前に確認した項目をメモしておく。

・イオンモバイルMNP契約時に個人名義から法人名義に変更することはできるか?
→厳密にいうとできない。ただし、一旦、個人名義でMNP転入手続きを行ったあと、法人に譲渡することで法人名義にすることはできる。

・イオンモバイル契約中に、法人名義から個人名義に戻すことは可能か?
→可能。

・法人契約では「イオンでんわ10分かけ放題」は利用可能か?
→利用不可。ただし、通常のイオンでんわは利用可。

・シェア音声プランの場合、au回線とDoCoMo回線を混在させることは可能か?
→可能。ただし、タイプ2SIMはシェアプランでは契約できない。
タイプ1とタイプ2は全く意識していなかったけど、タイプ1というのは低速度通信状態の場合に3日間で366MBに達すると、ほぼ通信できない速度に規制されることらしい。
常に高速通信状態にしておけば、上記の通信制限はない。
タイプ2の場合には、低速度通信状態でも上記の制限がかからない、らしい。

・シェア音声プランにて、複数の番号を取得している状態で名義変更を行った場合、譲渡手数料は番号分必要か?
→シェア音声プランの場合は複数番号取得していても、譲渡手数料は主回線のみにかかるため、3,240円のみ。

・支払い方法は?
→クレジットカードのみ。カードは個人名義、コーポレートカードのどちらでも可。

ということで、店舗窓口へ出向き3回線のMNP転入と新規契約手続きをしたが、1時間半程度で問題なく開通した。

通信速度等、特に困ったことはなく快適に使えている。
あと、タイプ1はIIJ回線、タイプ2SIMはOCN回線らしいので、そのあたりで差が出るかもしれない。

以下は、イオンモバイルの問題ではないが、今回遭遇した問題など。

Moto G5S Plusがau SIMを認識しない

これには参りました。
この機種は、au、DoCoMoどちらのSIMにも対応したSIMフリーのDSDS端末なのですが、DoCoMoのSIMは認識するのにauのSIMは認識しない。
おかしい、対応しているのに。今までもUQモバイルのSIMで使えていたのに。

原因はよくわからず、どうしようもなく端末を初期化。
それでも、au SIMを認識しない。
モトローラにでも問い合わせるかなぁと思っていて、ふと、画面ロックを「なし」に設定してみた。

げ!au SIMを認識!

なんで?なんで?と思ったけど、それ以降は問題なく認識し、通話も可能、データ通信も可能。一体何だったんだろう。

ただ、端末を初期化したのでアプリの設定やらなんやら、結構面倒だった。

おまけに、銀行のワンタイムパスワードアプリを入れていて、事前に解除しないまま初期化してしまったものだから、ネットバンキングにログインできないなどなど。大変な目にあってしまった。

Google 2段階認証のSMSが受信できない

これまた、困った。
Googleアカウントを設定したいので、2段階認証のSMSが届かない。
SMSが全部届かないわけではなく、GoogleからのSMSが届かない。

結局、一旦、2段階認証を解除し、再度設定したらSMSが届くようになった。

DoCoMoさんありがとう!めっちゃ弱い電波環境が劇的に改善された話。

妻が氷ノ山にリラクゼーションサロンをオープンします。

店舗には電話線もなく、連絡手段は携帯電話が頼みの綱。

DoCoMoの携帯を持っているのですが、エリアマップで確認するとバッチリエリア内なのですが、実際に現地で使うと、ほぼ電波が入りませんでした。

他社の電波状況も似たようなもので、唯一、auの3Gだとなんとか通話できるかなといったところ。(auVoLTEは無理)

で、DoCoMoに電話をして、電波環境を改善してもらえないか相談。

簡単に終わるかと思いきや、店舗の開店時期、建物の広さ、間取り等、めちゃくちゃ詳細にヒアリングされました。

このあたり、さすがDoCoMoさん。

で、レピーターという電波を中継する装置を送って頂けることになりました。

店舗リフォーム中の大工さんにお願いして、若干電波が入る窓の上に棚を設置してもらいました。

この棚に携帯、スマホを置いておけばギリギリ通話できる状態。

そこで、この棚にレピーターを置いて試してみたところ、着信するとき、発信するときにレピーターのアンテナマークが0本になり通話できない状態に。

オーマーガー!(最近の息子の口癖)

私のスマホで電波状況を見てみると、3GとLTEが頻繁に切り替わっている模様。

 

ということで、またDoCoMoさんに相談したところ、現地まで工事担当の方が来て頂けるとのこと。

私は立会できなかったのですが、立ち会った妻によると年配の紳士が来られたらしく、とても丁寧にご対応頂けたようです。

ただ、この日は電波状況改善ならず!

妻が聞いたところによると、山の下の方から強い電波が飛んでくることがあって、電波が切り替わっているとのこと。

じゃぁ、MNPしないと無理ですかねぇ、と相談したところ、それだけはなんとか避けたいので、もう1度来ますとのこと。

さすが、DoCoMoさん。

少し期間が空いて、2回めの訪問。

今回は、外付けアンテナをつけるとのことで、LTEは無理だが3Gは入るとのこと。

こんな感じで、外壁にアンテナをつけていただきました。

 

レピーターのアンテナ表示も4本に。

これだけ、色々としてもらっても料金は無料。

さすが、DoCoMoさん。

ありがとう、DoCoMoさん。

 

新規就農が困難な一因?面積が10アール以上ないと補助金がもらえない!

全くの農業素人が休耕田を活用して農作物を栽培しようとしていまして、補助金が使えそうなので問い合わせてみました。

補助金は3万円以上の支出に対して2/3が支給されるとのこと。
ちょっとした加工機械の購入に使えるのかなぁと思っていたところ、なんと、10アール(1000平米)以上作らないと補助金は使えないとのこと。
JAがやってる「アタック888運動」でも、8アールなのに。

師匠から、初年度は少なめに栽培して様子を見てから拡大したほうがいいと言われて、畑は余っているけど今年は少なめの作付けにしました。

でも、今年も収穫はするわけで、それを加工もするわけで、じゃぁ、今年はどうすればいいの?
小さめの機械を買ってするかなぁ。。。なんて思っていました。

結局、いろいろと探し回って、偶然にも加工機械を貸してもらえることになったんですが、こういう制度だとちょっと新規就農しづらいと思いました。

実際、私以外にも今年が初年度で10アール未満で補助金がつかえず、仕方ないので来年度10アール以上にするという方もおられるそうです。

農家の高齢化か進む中、少しでも農業に興味がある人たちが参加できるように、もっと使いやすい制度がいいと思います。

たとえば、補助金のMAXが40万円なら、10アール以上ならMAX40万円、1アールなら1/10のMAX4万円とかでもいいと思うのです。

補助金、いろいろと難しいです。