Zoiper・Agephone等 IP電話着信しない Android Deepsleep(Doze)との闘い

うちの職場はIP電話を導入して、各社員のスマートフォンで会社代表代表番号への着信をとったり、内線転送したりできるようにしている。

ただ、重大な問題が発生。

Androidを長時間操作しないで放置していると着信しなくなる。

これは、Androidの仕様でバッテリーを長持ちさせるために、長時間放置しているとDoze状態という節電状態になり、通信が切れてしまうために発生するらしい。

Doze状態からちょこちょこ起きて通知を確認する動作はするらしいが、それ以外のタイミングで着信があったときには、Androidに着信しない。

アプリがうまいこと対応していたら、Doze状態でも着信するんだろうが、愛用しているIP電話アプリ Zoiperは対応していないらしい。

そこで、いろいろ試した。

まずは、基本的なところ。Zoiper等のアプリをAndroidの設定メニューから節電対象外にする。

これはAndroidのバージョンやメーカーによって操作方法が違うと思うが、だいたいバッテリー関連のところに設定がある。

あと、定期的に3Gで通知を送るように「Push Notifications Fixer(NO ROOT)」等のアプリをインストールしてみたが、ダメ!

で、結局いまのところうまくいっているのが、「MacroDroid」というアプリを入れて、20分毎くらいに画面を自動的に点灯する処理。

本当かどうかよく調べてないが、画面が点灯するとDoze状態にはいらないとのこと

バッテリーの消費が少し増えるかもしれないが、私のAndroidではそれほどの影響はない。

MacroDroidの設定はまた書きます。

最近買ったマキタのコードレス掃除機「CL105DWI」

=== 後日談  ===

購入半年で、ゴミパックの入口付近についていたゴムの弁のようなものが取れてなくなっていた。

そのため、一度吸い取ったゴミがゴミパックから出て吸入口から出てくる。

まだ購入して間もないため、部品を送ってもらえないかメーカーに問い合わせたところ、マキタは直販していないので、近くのホームセンターで購入するようにとの返事が。

そうじゃない。こんなにすぐ壊れるのは初期不良じゃないの?といっているのに。

部品代は350円なので取り寄せの注文をして買ったんだけど、非常に残念な対応だった。


恥ずかしながら、私はあまり掃除が得意じゃないんです。

でも、マキタのコードレス掃除機がきになって買ってしまいました。

マキタの掃除機はいろいろあるし、違いがよくわからなかったんですが、とりあず我が家はそんなに掃除機にこだわりはないので、CL105DWIという安いものをかいました。

この掃除機は家庭用(?)で、3時間の充電でハイパワーで12分くらい連続使用できるらしい。

あと、ノズルをはずしてハンディクリーナーとしても使えます。

ランランク上の機種だと、これは急速充電ができたり、パワーもあって業務用にも使えるものらしく、その分お値段も高い。

ちゃんと掃除する方は、こちらの方がいいかもしれない。

 

で、届いた掃除機はというと、最初に感じたのはメッチャかるい。

2歳の娘でもかけられるくらい、軽い。

ただ、これはわかってたことなんですが、我が家では子供たちが過ごす場所にはクッションマットが敷いてあり、そこで標準のノズルを使うと若干滑りがわるく掃除機をかけずらい。

かけられないわけじゃなくて、かけずらい程度。

ただ、よく汚れるのは子供たちが過ごす場所なので、別売りのノズルを買いました。

こちらは、ノズル部分にエチケットブラシみたいな素材がついていて、非常に滑りがいいです。

小回りもきくし、とても掃除がはかどります。

掃除機本体の値段に対してノズルの値段が高いようにも思いますが、まぁ、これだけ使いやすくなるのであれば、いいかなと思います。

ただ、色がアイボリーがないので、我が家は本体とノズルの色が違ってます。

ワンランク色の機種だと、本体とノズルの色が同じなので、気になる方はワンランク上の機種を買いましょう。

 

 

最近買った「コーヒープレス」

うちは、夫婦がコーヒーが好きで結構飲みます。

安いコーヒーでいいんだけど、インスタントコーヒーだとちょっとものたりない。

それで、気になっていたコーヒープレスを買ってみました。

買ったコーヒープレスはこちら。

うちの場合は、1度に750mlくらい作って朝のみ、残りを水筒にいれて会社にもっていきます。

コーヒープレスって知らなかったんだけど、結構おいしい。

普通のコーヒーメーカーで作った場合とはちょっと違う。

ただ、手間はかかる。

まず、使うコーヒーは普通のコーヒー粉よりも粗いものを使わないといけない。

普通に売ってる粉は細かすぎるので、ミルも買って豆から挽くことにした。

買ったミルはこちら。

まず、電動と手動で迷ったけど、電動は電源が必要だしなんか故障しそうなので、手動のものにした。

これ、細かく挽こうとすると結構大変だけど、コーヒープレス用に粗く挽くときはそんなに大変じゃない。

毎朝やっても全く苦にならない。

あと、やっぱりコーヒー豆を挽くと香りがいい。

 

うちでの作り方はこんなかんじ。

コーヒー豆をスプーン6杯分で挽く。

コーヒープレスに挽いた豆を入れ、お湯を750ml入れて4分半待つ。

プレスのレバーを押して、豆とコーヒーを分離。

カップに注いで目覚めの一杯。

飲んでから、コーヒー豆のカスを捨てて、コーヒープレスを洗う。

コーヒー豆選びはまだ継続中。

とりあえず、アマゾンで安いのを買ってみたけど、これも十分おいしかった。